2023年 09月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日
祝日
2023年 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
祝日
 
トップ > お知らせ

News / お知らせ

【cocolog.Vol.28】夏後半の角質ケアの大切さ

2023/09/08
夏後半の角質ケアの大切さ!

過酷な暑さが続くこの夏は、紫外線量が増え、そして冷房が欠かせず知らず知らずのうちに乾燥肌になってしまっている方も多いのではないでしょうか?
紫外線ダメージや冷房や発汗により夏の時期はいつもよりもお肌が乾燥しやすい時期なんです。

こんな肌悩みを繰り返していませんか?
▼乾燥でカサついたりゴワついたりする
▼透明感がない
▼肌触りがザラつく
▼毛穴の黒ずみや開き・詰まりが気になる
▼キメが乱れて化粧ノリが悪い
▼小鼻や顎がザラザラする
▼Uゾーンに繰り返しできる肌荒れ
▼化粧水がなかなか入ってこない
▼肌がピリついてくる
など・・・

乾燥をはじめとする様々な肌トラブルは、乱れた角質 が原因なんです!!

通常、肌の生まれ変わりは28日周期(ターンオーバー)と言われていますが、様々な要因でそのターンオーバーは乱れてしまいます。
◎肌のターンオーバーが乱れる原因
・紫外線による光老化
・不適切な肌のケアや肌への摩擦ダメージ
・加齢による新陳代謝の低下
・生活リズムの乱れや睡眠不足や乱れた食生活によるホルモンバランスの乱れ
など、様々な原因でターンオーバーが乱れ、角質が乱れていきます。

毛穴が目立たないキメが細かくなめらかな肌は、 「肌リズムが整っている」=ターンオーバーが正常です。
生まれ変わりの周期が正常になれば様々な肌トラブルは解決できるでしょう!


1.夏の角質肥厚とインナードライ

2.角質が溜まってしまう【原因】は?

3.角質肥厚を回避する角質ケア

4.剥がさない角質美容液



1.夏の角質肥厚とインナードライ

角質肥厚という言葉はご存知でしょうか? 皮膚の構造は「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層から成り立ち、さらに「表皮」は「角質層」「顆粒層」「有棘層(ゆうきょくそう)」「基底層」の4層で成り立っています。

「基底層」で生まれた新しい細胞は、成長と共に上層へと押し上げられ、一番上の「角質層」にまで押し上げられます。「角質層」まで辿り着き細胞としては死滅して蓄積したのが「角質」です。

「角質」にも水分保持や、紫外線などの外部刺激をブロックする重要な役割がありますが、役目を終え古くなると、通常は垢となり自然にはがれ落ちます。

しかし、この肌のターンオーバーがうまく行われないと、古い角質が肌の表面に厚く蓄積して硬くなり、「角質肥厚(かくしつひこう)」という状態を引き起こします。

さらに「角質肥厚」となった固い肌は、肌内部に保湿成分がうまく吸収されず、「インナードライ」(肌の表面だけ過剰分泌した皮脂でベタついた状態)というやっかいな状態をも引き起こし、シワやたるみといった肌トラブルにも発展しやすい状態となります。


イメージ画像



2.角質が溜まってしまう【原因】は?

角質が溜まる主な原因は「ターンオーバーの乱れ」!!
ターンオーバーが乱れると、細胞が角層に留まる期間が増えるため、角質が厚くなります。すると、毛穴詰まりを起こしたり、メイクのノリが悪くなります。また、角層細胞がめくれていると光が乱反射してしまい、透明感がなく、くすんだ肌に見えてしまいます。

そのほかにも、ニキビ跡の炎症が長引いたり、シミができやすくなってしまうということも…

紫外線量のピークを迎える5月から9月はメラニンも増え、角質も厚くなり、肌代謝も落ちて、顔全体にくすみを感じる方が増えてきます。

肌がザラザラしていてゴワついているような気がする・・・
化粧水がなかなか肌に入っていかない・・・

そんな肌サインがある方! もしかしたら古い角質が溜まっているのかもしれません。



イメージ画像



3.角質肥厚を回避する角質ケア

「角質肥厚」は、肌の透明感が失われるだけでなく、シワ・シミ・たるみ等の肌老化の直接的な原因になるので、放置せずに適切なケアを行うことが大切です!

【角質ケアのポイントは2つ】

■1.古い角質をまめに取り除く
古い角質が溜まることによって起こる【角質肥厚】は、まずはメイクや汚れと一緒に、役目を終えた古い角質を取り除くことから始めましょう。 角質ケアをこれから始められる方には、無理に剥がすタイプや成分が強いものではなく、優しいピーリング作用のある化粧品などから始めるのがおすすめ。定期的な角質ケアを行うことで、肌のターンオーバーが正常化されます。

■2.保湿で肌の機能を整える
角質ケアを行った後は、保湿アイテムの浸透力が格段にアップしているはず!!しっかりと保湿を行うことで、肌のターンオーバーの正常化を促しましょう。コラーゲンやヒアルロン酸などの保湿成分や、バリア機能を高めるセラミドなどが含まれているアイテムがおすすめです。

特に、強い紫外線の影響を受けている今は、シミ、シワ、たるみ、くすみといった肌老化が進行する季節です!! 夏後半は、正しい角質ケアを行い、美肌作りに励みましょう!


イメージ画像



4.剥がさない角質美容液

剥がさない角質美容液の「BEAUTE de coeur スキンクリアセラム」

リンゴ酸、クエン酸、乳酸、グリコール酸、などのAHA(フルーツ酸)5%配合。自然由来の成分で古い角質を剥がさずにやさしくケアします。肌リズムを整えて、浸透性をアップすることにより、その後に使う化粧水や美容液が角質層のすみずみまでいきわたり、トラブルを繰り返さないキメの整った滑らかな肌へと導きます。





【BEAUTE de Coeur】
Skin Clear Serum 60ml

商品画像

おすすめのポイント

無理に剥がさない角質ケア美容液で化粧水前のブースターとしての役割も。いつものスキンケアにプラスするだけでトラブルを繰り返さない美しく健やかなお肌へと導きます。約2か月分の大容量サイズ60ml。

アクセス : 68

【cocolog.Vol.27】今さら聞けない。ビタミンC化粧品の選び方

ページトップへ