2023年 09月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日
祝日
2023年 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
祝日
 
トップ > お知らせ

News / お知らせ

【cocolog.Vol.26】印象美人のアイラインメイク

2023/08/09
ポイントはアイライン!印象美人になるメイク

目を大きく、印象的に見せてくれるアイライン。
若い世代のアイラインは、目を大きく見せたり、デザイン的な意味合いが強く、ファッションの一部といえます。 好みの問題もありますが、若い頃アイラインを入れていなかった多くの方は、元々目元がはっきりとしていてアイラインを入れると顔がキツくなるなど、必要性を感じていなかったと思います。ところが、年齢を重ねるにつれ、まつ毛の減少、細毛化、目元の皮膚のゆるみの影響で目力が弱まると、目元の印象をはっきりさせるアイラインに手が伸びるのです。このような年齢による変化に対しても、まつ毛の密度を増やしたかのように見せたり、まぶたのラインをくっきり見せたりすることがアイラインの役割です。

どのようなアイライナーを使うか、どうラインを引くか、何色を使うかでも、目元の印象は大きく違います。使用するアイライナーの種類に迷ったり、引き方が難しくて苦手意識を持っていたりする人も多いのではないでしょうか。

1.アイラインの効果は大きく分けて4つ

2.アイライナーの種類と特徴&メリット

3.デリケートな目元のスキンケア

4.おすすめのアイライナー



1.アイラインの効果は大きく分けて4つ

1、目を大きく見せる
目の輪郭をハッキリさせ、目を一回り大きく見せることができます。

2、黒目を大きく見せる
特に黒目の上下部分を太くすることで、黒目の面積が広がって見える効果があります。

3、目の形を変えて見せる
太さや目尻の角度を変えることで、タレ目に見せたり、つり目に見せたり、目の印象を簡単に変えることができます。

4、まつ毛を濃く見せる
まつ毛とまつ毛の間を埋めるようにして描くと、まつ毛の密度が増したように見え、まつ毛の存在感をより強めることができます。

このように、アイラインを引くことにより目力がグッとアップし目元を華やかな印象に演出する事ができます!


イメージ画像



2.アイライナーの種類と特徴&メリット

■リキッドアイライナー
リキッドアイライナーは筆ペンタイプと自分でつける量を決められるインクペンのようなタイプがあります。 はっきりとしたシャープな目元を作ることができ、細いラインも書きやすいので、跳ね上げラインや延長ラインも書きやすいのが特徴です。

・繊細で綺麗なラインが書ける
筆に加える圧によって、ラインの太さを自由に変えることができます。
・トレンドメイクに挑戦できる
タレ目にしたい、跳ね上げたいなどの目尻のニュアンスはリキッドタイプがおすすめです。
・均一な濃さでラインが書ける
均一な濃さでラインが書けるためシルエットが上品に仕上がります。
・くっきりした目元に仕上がる
リキッドアイラインは、はっきりとしたラインが書けるので、 目を大きく見せたい時、目力を出したい時におすすめです。

リキッドアイライナーはくっきりとしたアイラインが描ける反面、ぼかしにくいという特徴も。少しぼかしたようなアイラインが好みなら、ジェルアイライナーがおすすめです。

■ジェルアイライナー
ジェルアイライナーは繰り出し式のタイプや筆にとって使うジャータイプなどがあります。 スルスルとなめらかな描き心地のものが多く、やわらかい質感で描きやすいのが特徴。落ちにくいタイプも多く出ています。ペンシルよりもくっきりと目元を締めたいけれど、リキッドだとラインが上手に描けない...という人や、ナチュラルなアイラインに仕上げたい人にもおすすめです。

・滑らかにラインが書ける
とても柔らかく描きやすいので筆圧をあまり加えなくても滑らかにラインを書くことができます。 アウトラインだけではなくまつ毛とまつ毛の間にも塗ることもできます。
・滲みにくく崩れにくい
ジェルタイプはしっかりと乾いてしまえばにじみにくいと言うメリットもあるので、アイラインが滲んでパンダ目になりやすい人には皮脂や汗にも強いジェルライナーを選ぶと滲みにくくなります。
・おしゃれな目元に仕上がる
クレヨンのようにぼかした仕上がりになるのでテクニックなしで簡単におしゃれな目元に仕上げることができます。
・ジャータイプ
筆にとって使用するため量を調整して濃密なラインを引きやすく、リキッドアイラインでは物足りない人におすすめです。 (量感が調節しにくいため初心者向きではありません) ■ペンシルアイライナー
アイライナー初心者さんにもおすすめです。
自然で柔らかいラインが描けるため、ナチュラルメイクで柔らかな印象に仕上げたい時に◎。ラインをぼかすこともできるので、メイク感を出したくないけれど目元がぼんやりするのは避けたい...という時にも最適です。
・ラインが引きやすいから不器用さんでも簡単
リキッドアイライナーは、ラインを描いている最中に力の入れ具合が微妙に変わるだけでも線が太くなったり細くなったりしてしまいます。けれどペンシルアイライナーは安定感があり、少しずつ調整したり、ぼかしたりしながらラインを引けるので、不器用さんや初心者さんでも簡単に使うことができます。
・ぼかしやすい
ナチュラルメイクを目指すなら、くっきりとしたアイラインよりも影のように見えるアイラインが理想的。ペンシルアイライナーならアイラインをぼかして柔らかな印象の目元を作ることができます。
・力加減を変えれば濃くも薄くもできる
鉛筆で紙に線を引くときと同じように、力加減を変えれば濃くも薄くもできるのがペンシルアイライナー。自分の理想をイメージしながら調整しやすいのもメリットです。


■若見えアイラインのポイント
アイシャドウをべったり塗るより、アイラインを引くことで「目」の印象を際立たせて、くっきり大きく見せることができます。目がパッチリするだけで、ぼんやりした顔ではなくなります。また、アイラインをちょっと上げ気味に描くことで、たるんだ顔をピッと引き締めるリフトアップ効果も叶います。

30代、40代になり、メイクをしてもなんとなく顔がぼやけてしまうという方には、皮膚をこすらず軽いタッチで色がつき、くっきりくすまず仕上がる「リキッドアイライナー」がおすすめです。

そして、イキイキとした目元に仕上げるには、まつ毛の根元に入れるアイラインが基本となります。

さらにアイラインの上から濃い色のアイシャドウを重ねると、目元の立体感を演出することもできます。

アイラインは、必ずしも目のふち全体をなぞるように入れないといけないものではありません。自由な発想で、目元の変化を見比べながら自分だけのアイラインテクニックを作り上げてみてください。


イメージ画像



3.デリケートな目元のスキンケア

年齢とともにまぶたの形状や目周りの悩みが変化し、多様化する大人のアイライン問題。
目元の皮膚は他の身体の部位に比べてとても薄く、皮脂膜も作られにくいという性質があります。そのため、目元は外部刺激による影響を非常に受けやすくなっています。紫外線や乾燥、大気汚染など外的ダメージはもちろんのこと、目元を頻繁にこするクセや、メイクのときのアイシャドウやマスカラ、アイライン、クレンジングによる刺激、まつげのエクステによる重みなどが加わると、目元は多くのダメージを受けることになります。

とはいえ、目元への刺激は気をつけていても避けられないものも数多くあります。乾燥や小ジワなど、目元のトラブルやエイジングのサインがはっきりあらわれるまえに使用し、美しい目元を保ちましょう。

《目元をケアするうえでのポイント》
デリケートな目元は、日頃から丁寧にスキンケアを行うことが大切です。 アイクリームや目元美容液で念入りなケアを行う方法もありますが、ここではアイクリームや目元美容液を使う以外でも、押さえておきたい目元ケアのポイントをご紹介します。

目元ケアには保湿が第一!!!
目元のケアでは、基本的に目元を乾燥させないようにすることが一番大切です。保湿をしっかりすることで、ちりめんジワなど乾燥による小ジワの予防にもなります。
洗顔やクレンジングで汚れやメイクを落とした後は、保湿成分入りの化粧品を使ってきちんと保湿をしましょう。

洗顔における注意点
「洗顔」は余分な皮脂や汚れを落とすのが目的ですが、間違った洗顔方法は必要な皮脂まで落としてしまい、肌の乾燥を招くなどダメージを与える原因となってしまいます。泡立つタイプの洗顔料は十分に泡立てて、泡で優しく包み込むように洗いましょう。

泡立たないタイプの洗顔料は、適量を手に取って肌をこすらないように洗いましょう。アイメイクなどをしっかり落とそうとして、目のまわりをゴシゴシこすってしまうと肌のバリア機能を弱め、乾燥が進んでしまいます。過剰に洗顔をしすぎて肌を痛めないようにしましょう。

目元の「乾燥小ジワ」を防ぐには、日常生活でも注意
目元の乾燥小ジワを防ぐためには、日頃からの対策も肝心です。例えば、紫外線から守る、洗顔時に手やタオルでこすらない、うつぶせ寝はしない、目をこすらないなどです。特に紫外線は乾燥を促すので、注意が必要です。目元の皮膚でも安心の、刺激の少ない日焼け止めを使用するなどして、対策をしっかりと行いましょう。

最近では、乾燥小ジワ対策のクリームやシートマスクなども市販されているので、活用することができます。シートマスクにたっぷりと保湿美容液を含ませて、目元を中心にじっくりと保湿パックを行いましょう。



イメージ画像



4.おすすめのアイライナー

そこで今回オススメ!暑い夏場にもぴったりアイテム!!をご紹介

目元のお悩みとしてよく挙げられるのが、「目元がぼんやりしてきた」「目が小さく見えるようになってきた」「たるみが気になる」「乾燥しやすくなった」「シワが気になる」「メイクのノリが上手くいかない」といった目元に関するお悩みです。そのため、年齢を重ねるにつれて、アイラインの需要が高まります。

サロン専売品であるRavissaの『Ra make』シリーズのアイライナーはメイクアップ効果で、そんなお悩みを解消しながら、たっぷりと配合された美容成分でデリケートな目元のケアが同時に叶うアイテムです。
  
繊細なラインも自在に表現!なめらかな描き心地! 美容液アイライナー

ALEN Ra make(ラ・メイク) シリーズ
Liquid eyeliner(リキッドアイライナー)

水・汗・皮脂に滲みにくく、美しさをしっかりキープ!!!
◇モードブラウン:ナチュラルな深みのある茶色で柔らかな目元へと導きます
◆モードグレー:黒よりも柔らかく、くっきりとした印象的な目元へと導きます

make up で魅力的な目元を演出しながら、デリケートな目元をいたわる美容液成分配合
・ヒアルロン酸Na*
・加水分解シルク*
・カミツレ花エキス*
・センチフォリア バラ花エキス*
*保湿成分

普段のメイクアイテムを美容液の入ったアイテムに代えて、楽しくメイクアップしましょう。



【Ra make】
リキッドアイライナー

商品画像

おすすめのポイント

水・汗・皮脂に滲みにくく美しさをしっかりキープ。 make upで魅力的な目元を演出しながら デリケートな目元をいたわる美容液成分配合。
※こちらの商品はクールエステティック会員様のみ商品ページをご覧いただけます。

アクセス : 97

【cocolog.Vol.25】青色LEDと光触媒効果

ページトップへ