2024年 02月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29   
今日
祝日
2024年 03月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
祝日
 
トップ > お知らせ

News / お知らせ

【cocolog.vol.35】赤色LEDで毛は生えるのか?

2024/02/06

赤色LEDで毛は生えるのか?

1.結論。男女ともに薄毛にはLED照射が推奨されている

2.男性と女性の薄毛の違い

3.赤色LEDが薄毛治療に推奨される理由

4.LEDitch Tri-Pro の薄毛ケアに有効な使い方



1.結論。男女ともに薄毛にはLED照射が推奨されている

現在、薄毛の治療については、日本皮膚科学会による「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017 年版」にて、LED照射治療が男女ともに「推奨度B(行うよう勧める)」とされています。
この『男女ともに』というところがポイントとなっており、 男性の薄毛(AGA)には、LED照射(推奨度B)の他、内服薬や外用薬(フィナステリドやデュタステリド、ミノキシジル) が推奨度Aとされており、これらによる 治療で大幅に改善するようになりましたが、女性の薄毛に対し推奨度B以上というのは外用薬のミノキシジルの他、LED照射と低出力レーザーのみとなっています。

これには次に説明する男性と女性の薄毛の原因の違いからくるものとなり、クリニック等でもそれぞれにあった治療法が勧められます。


レディッチトリプロ ヘアケア


2.男性と女性の薄毛の違い

先ずは一言に薄毛と言っても、何らかの病気からくるものもあれば、単なる老化や栄養障害等も考えられ、その原因は様々です。 薬剤によるもの、ホルモン異常に伴うもの、栄養障害によるもの、ストレスによるものなど... こちらではその中でもお悩みの多い「男性型脱毛症(AGA)」と「女性のびまん性脱毛症」をご紹介いたします。

■男性型脱毛症(AGA)

男性型脱毛症(AGA)は遺伝的なものと「 DHT(ジヒドロテストステロン) 」と呼ばれる男性ホルモンの影響を受け、思春期以降に前頭部〜頭頂部の毛が細く、軟らかくなる進行性の脱毛です。
こちらの治療には内服薬や外用薬(フィナステリドやデュタステリド、ミノキシジル)が有効とされており、確立された治療法となります。
それでも今の状態より毛を増やすというよりは、今より薄毛を進行させないことを目的とした治療となり、AGAを完治させて再発を防ぐ治療法は今のところ存在しません。

■女性のびまん性脱毛症

びまん性脱毛症は主に女性に多くみられる薄毛の1つで、髪の毛が細くなることで髪のボリュームが失われたり、髪の分け目が目立つようになったりします。
その原因は1つではなく、ホルモンバランスの変化や頭皮への血流不足、栄養不足などさまざまな要因が重なることで髪の成長に支障をきたすと考えられています。
そのため、治療には外用薬や栄養補給のサプリなども使用されますが、栄養補給のサプリは、栄養不足以外の原因によるびまん性脱毛症には効果が期待できません。
また、先に説明していると通り、日本皮膚科学会では推奨度B以上というのはミノキシジルの他、LED照射と低出力レーザーのみとなっており、男性よりも治療方法が少ないのが現状です。


レディッチトリプロ


3.赤色LEDが薄毛治療に推奨される理由

まずは発毛の仕組みについて説明していきます。
髪の毛は頭皮にある、毛乳頭というところから多種類の細胞増殖因子等の伝達物質が作られ、それらが毛母細胞の活動を活発化させ、毛母細胞が分裂と増殖を繰り返すことにより髪が作られます。
現在、毛乳頭まで届くLEDの光は赤色のみといわれており、この赤色LEDが毛乳頭に達することにより毛乳頭細胞が刺激され、毛の発育に必要な細胞増殖因子や神経伝達物質、栄養が毛母細胞に届きます。
この結果、毛母細胞が活性化して抜け毛の抑制や新しい毛の発毛を促す働きが確認されています。

その他、日本皮膚科学会による「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017 年版」にてLED照射治療が男女とも推奨度B(行うよう勧める)とされているのは、 LED照射による治療は、痛みや熱を感じることがほとんどなく、内服薬や外用剤との併用も可能な高い安全性にあります。

LED照射治療は効果が緩やかなため、1回10分間程度の繰り返しの照射が必要となりますが、クリニックでは最低、週1回は受けていただくのが効果的です。
定期的にクリニックに通うのが難しい場合や、度重なるクリニックの治療費が負担となる場合は、ご自宅で手軽に当てられる赤色LED美容器などがおすすめです。

その他、赤色LEDには、小じわやお肌の張り、創傷治癒、ニキビに有効との報告があるほか、青色LEDはニキビ治療にも活用され、頭皮に当てることにより皮脂の抑制やニオイを抑制する作用があります。


レディッチトリプロ


4.LEDitch Tri-Pro の薄毛ケアに有効な使い方

LEDitch Tri-Proの最大の特徴はなんといっても、効果的な波長(635nm)の赤色LEDの光を一般のLED搭載美容器の100〜1000倍もの業務用レベルの高出力で照射できるところにあります。
本来それほどまでの高出力のLED光は光の特性上熱を持ちやすく、家庭用の小型な機械ではその熱を上手く排熱できず、どうしても光の出力を抑えるほかありませんでした。
しかしながらLEDitchやLEDitch Tri-Proには実用新案を取得した空冷システムを搭載することで、家庭用の小型なボディながら膨大な排熱を可能としました。それにより業務用レベルの高出力のパワーを実現しました。 安全性が高く美容に効果的なLED光の効果を短期間でしっかりと感じていただきたいと考え、これだけの高出力LED光に特化した美容器が開発されました。

その中でも高い評価をいただくヘアケアモードについて効果的な使い方をご案内します。
LEDitch Tri-Proでは、3日1回10分程度の照射を推奨しております。
ヘアケアモードの赤色LEDで1回10分程度照射。青色LEDは1週間に1回10分程度を目安に照射がおすすめです。
※LED照射時は同じ場所に2秒以上当て続けずに、動かしながらご使用くださいませ。
※必ずヘアケアモードにてご使用ください。

また、LEDitch Tri-Proは薄毛ケアの他、フェイシャルケアでは赤色LEDで肌のハリ感アップや、青色LEDでのニキビ予防ケア。
オーラルケアでは青色LEDで光触媒効果を利用したホワイトニングケア、赤色LEDで歯茎痩せ予防ケアなど、1台で加齢によるお悩みを幅広くケアします。

まずは試したい!という方のためにもレンタル・サブスクサービスもございますので、是非ご興味のある方はお試しくださいませ。


レディッチトリプロ


【LEDitch tri-pro】
レディッチ・トリプロ 家庭用LED美容器 スキンケア×オーラルケア×ヘアケア

レディッチトリプロ

おすすめのポイント

業界初の家庭用ハイパワーLED美容器。2つの光の波長をモードによって使い分け、1台でフェイシャルはもちろん、髪・頭皮ケアや、オーラルケアまで幅広くお使いいただけます。また、レンタル・サブスクサービスも始めましたのでご購入前にお気軽にお試しいただけます♪

アクセス : 227

天候不良による配送遅延のお知らせ

ページトップへ