2023年 12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日
年末年始休業
2024年 01月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
年末年始休業
 
トップ > お知らせ

News / お知らせ

【cocolog.Vol.31】新素材バイオアパタイトについて

2023/10/25
新素材バイオアパタイトについて

お口も年齢とともに老化!
お肌の悩みと同じく、お口の悩みも年齢を重ねるほど多くなります。 「お肌の曲がり角」・・・という話題はよく聞きますが、「お口の曲がり角」っていったいいつなのでしょう?
今回は、お口の悩みから自分に合った歯磨き粉選びをご紹介したいと思います。


1.年齢とともにお口も老化している

2.お口の悩みは、30代から大きく変わる

3.主なお口トラブル 虫歯・歯周病 の原因

4.歯磨き粉の種類

5.歯磨き粉の注意点

6.話題の新素材「バイオアパタイト」

7.バイオアパタイト配合の歯磨き



1.年齢とともにお口も老化している

疲れや肌あれも一晩ぐっすり眠ればなんとかなった若かりし頃に比べて、年を重ねるたびに「肌トラブルが起こりやすい」「疲れが取れにくい」などお肌も体も悩みは増え、その悩みは表面化する一方です。では、お口の悩みはどのように変化するのでしょうか。

若い年代では「口臭」や「歯の着色」、「虫歯」が気になる悩みの上位になっていますが、年齢と共に「歯周病」や「歯茎の痩せ」などの歯以外の悩みが増えています。年齢を重ねるにつれて、“歯“だけではなく、”お口全体“に悩みが広がっていきます。
その他に「歯石」、「知覚過敏」、「舌のよごれ」、「口腔内のネバつき」、「口腔内の乾燥」など様々です。
一方、どの年代でも「口臭」や「歯の着色・変色」で悩んでいる方は多いです。「口臭」や「歯の着色・変色」は、人との関係を左右するエチケット的な要素から自身のイメージを左右する美容的な要素にまで及ぶものとして高い意識で捉えられているのかもしれません。


イメージ画像



2.お口の悩みは、30代から大きく変わる

30代では「口臭」「歯の着色・変色」と並ぶ勢いで「歯周病」で悩む方が増えます。
50代・60代以降では更に増え、2人に1人が「歯周病」で悩んでいます。

これは、加齢によって歯を支えている歯肉が下がり、歯と歯の間に歯垢や歯石がたまりやすくなることで、歯周病が蔓延しやすくなってしまうからだといわれています。まさにお肌にハリがなくなっていくのと同じで、お口の中も老化し、歯周病などの悩みとなって表面化してくるのです。

ご紹介したとおり30代を境に悩みの上位がガラッと変わります。30〜40代は忙しい毎日によるお手入れ不足と、ストレスによる唾液分泌量の低下が起こりやすいことも影響し、お口の環境はより悪化してしまいがちです。悩みが深刻化する前に、お肌のお手入れ同様、お口の中のお手入れも必要です。毎日のブラッシングやケア方法を見直し、お肌だけでなくお口の中も健康で若々しくありたいですね。


イメージ画像



3.主なお口トラブル 虫歯・歯周病 の原因

虫歯は、様々な要因が重なって発生します。その要因のうち大きく関わっているのが、糖質(ショ糖)・原因菌(ミュータンス菌)・歯質(エナメル質・象牙質)です。この3つの要素が重なった時、時間の経過とともに虫歯が発生します。

■糖質…食べ物に含まれている糖質(特に砂糖)は、ミュータンス菌が酸を作る材料に使われます。間食が多い人や、キャンディーやドリンクなど甘いものをよく摂る習慣のある人は、歯の表面が酸にさらされる時間が長いため、虫歯になりやすくなります。
■細菌(ミュータンス菌)…ミュータンス菌は約1μm(1/1000mm)の球状の菌です。歯垢(プラーク)となって歯の表面に付着し、糖質から酸を作り出します。その酸が、歯の成分であるカルシウムやリンを溶かして歯をもろく、スカスカにしてしまいます。
■歯の質…歯が作られる時の環境の違いなどで個人差がありますが、エナメル質や象牙質の状況(=歯の質)によって、むし歯になりやすい人もいます。特に乳歯や永久歯が生えたばかりの子どもは注意が必要です。

丈夫な歯を育てるためには、歯の土台を作る良質なタンパク質、歯の再石灰化のために必要なカルシウムやリン、また、これらがうまく働くためのビタミン(A、C、D)などの栄養素が必要です。バランスの良い食事を心がけましょう。

歯周病とは、歯の周りの組織が細菌に感染することによって炎症が起こる病気の総称です。 虫歯になっていないのに歯を失うこともあり、中には痛みを伴わずに進行してしまうこともあります。プラーク(歯垢)には非常に多くの細菌が含まれていて、その細菌からでる毒素により歯肉が炎症を起こし、歯を支えている骨を溶かします。そしてさらに恐ろしいことに、歯周病は心臓疾患や糖尿病などの全身疾患にも悪影響を与えることがあります。

だからこそ飲食後の歯磨きは必ず行いましょう。そしてどんな歯磨き粉を使用するかが重要になってきます。


イメージ画像



4.歯磨き粉の種類

歯磨き粉には、歯周病や歯槽膿漏予防、虫歯予防、口臭予防、ホワイトニングなど、効果が異なる商品がたくさんあります。価格も効果もさまざまで、どれを選んだら良いか迷ってしまう方も多いでしょう。

フッ素入り歯磨き粉
フッ素は虫歯予防に効果があります。現在販売されている歯磨き粉の殆どに入っているといっても過言ではないほど有名な成分です。

消炎剤入り歯磨き粉
消炎剤は歯ぐきからの出血や歯周病に効果があります。成分は塩化セチルピリジニウム・アミノカプロン酸などがあげられます。

知覚過敏用歯磨き粉
冷たいもので歯がしみたりする知覚過敏の方にオススメな歯磨き粉です。硝酸カリウムや乳酸カリウムなどが有名です。

殺菌剤入り歯磨き粉
口臭や虫歯の原因にもなる菌を除去してくれる歯磨き粉です。塩化セチルピリジニウム(CPC)・イソプロピルメチルフェノール(IPMP)が有名です。

タバコのヤニ除去用歯磨き粉
タバコのヤニ汚れをキレイにしてくれる歯磨き粉です。ヤニを除去する成分はポリエチレングリコールが有名です。

ホワイトニング歯磨き粉
  美しい白い歯を手に入れたい方向けの歯磨き粉です。ホワイトニング効果出す研磨剤にはリン酸水素カルシウム・炭酸カルシウムがあげられます。


イメージ画像



5.歯磨き粉の注意点

歯のケアに欠かせない歯磨き粉ですが、その中にはちょっと注意が必要な成分も...
・発泡剤
泡立ちは良いが刺激が強く味覚が麻痺する
たっぷり泡立つものは、合成界面活性剤という「化学物質」が使われていることが多く、刺激も強いので歯磨き直後は一時的に味覚が麻痺することがあります。
また、泡立ちすぎ「よく磨けた」気になってしまい、磨き残しが多くなってしまうことも。
味覚の麻痺は舌のみらい細胞(味を感じる細胞)を一時的に溶かしている有害物(ラウリル硫酸ナトリウム)が原因なのです。
お口の中は、皮膚と違い角質層というバリアがありません。粘膜で覆われていて、薬やその他の有害な物質を簡単に吸収してしまうことができるのです。

・研磨剤
歯のエナメル質を削り、歯を弱める
歯を白くしたり、プラーク(歯垢)除去といった効果が謳われていますが、研磨力が強い歯磨き粉だと歯のエナメル質を削り、歯を弱めてしまうことも。
とくに日本人は元々歯のエナメル質が欧米などに比べ薄いため、海外製のものなどは特に注意が必要です。


イメージ画像



6.話題の新素材「バイオアパタイト」

卵の殻から作られる安心安全な新素材!

アパタイトとは骨を構成する成分の1つであり、人の骨の75%はアパタイトだといわれています。もちろん、歯の主成分もアパタイトです。
そのアパタイトを卵の殻から作り出すという技術を誇るのが、バイオアパタイト。
鉱物などを原料とする一般的なアパタイトとは異なり、国産卵殻を原料に、バイオアパタイト合成法を用いて製造した安全な機能性素材です。
骨などの代わり、あるいは骨密度を高めるための食品として活用できるほか、その吸着性の高さなどから化粧品や殺菌/抗菌作用が必要な製品など、幅広い分野に応用できます。


イメージ画像



7.バイオアパタイト配合の歯磨き

LEDitch Ag White

LEDitch Ag Whiteはバイオアパタイト配合の低研磨力&発泡剤フリーで歯に優しく汚れを除去&健やかに保つ歯磨き。

98%天然由来成分で、安心安全♪歯を傷めずにお口の汚れをスッキリ。
【口臭】【虫歯予防】【歯石・歯垢予防】【ホワイトニングケア】【ウイルス対策】のトータルオーラルケア。

ここがポイント!
■バイオアパタイト…高い吸着機能 
歯を傷つけずに歯表面の着色物質、バイオフィルム(粘性のある細菌膜)を吸収し、ブラッシングにより除去します。
 ・着色物質の吸着→ホワイトニング
 ・バイオフィルム吸着...汚れ物質除去
 ・歯表面改質効果...知覚過敏予防
 ・口腔菌吸着...虫歯・歯槽膿漏予防

■銀イオン…菌の繁殖を防ぐ
安全性が高く、細菌やウイルスの活動を抑え、口内を健やかな環境に整えます。口臭をケアします。

■炭(活性炭)…汚れを吸着、口臭ケア
ニオイの元となる歯垢や黄ばみ、着色汚れを吸着し、ブラッシングですっきり落とします。

■プラチナ…優れた保湿性
一般的に活性酸素を消去する事が知られていますが、実はそれだけでなく、強力な保湿性・細胞死の制御に加え、メラニン漂白、コラーゲン生成などに優れています。白金ナノコロイド(白金・ポリソルベート80/保湿剤)が、お口の隅々まで広がり、うるおいをあたえます。アンチエイジング効果をもたらします。

毎日の歯磨きで、自分にぴったりの歯磨き粉を見つけたい方、ご家族で使える歯磨き粉をお探しの方は、ぜひ参考にしてみてください。



【LEDitch】 レディッチ Ag White 歯磨き 90g

商品画像

バイオアパタイト配合 低研磨力&発泡剤フリーの歯磨き

98%天然由来成分で、安心安全♪歯を傷めずにお口の汚れをスッキリ。 【口臭】【虫歯予防】【歯石・歯垢予防】【ホワイトニングケア】【ウイルス対策】のトータルオーラルケア。

アクセス : 105

【11月限定】全商品対象!送料無料キャンペーン開催!

ページトップへ