2022年 11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
今日
祝日
祝日
2022年 12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
年末年始休業
 
トップ > お知らせ

News / お知らせ

【cocolog.Vol.9】漢方と免疫力

2022/10/31

漢方と免疫力

薬では治せなかったコロナウイルス感染の流行をきっかけに、ウイルスに罹らないよう『自己免疫力を整えること』に注目が集まっています。
コロナウィルスに限らず感染症やアレルギーの発病を左右するのは免疫の「バランス」です。

1.免疫と感染症

2.免疫力をあげるには

3.漢方と免疫



1.免疫と感染症

感染症はいわば、“外から攻めてくる敵”のようなものです。
原因となるウイルスや菌は空気中に浮遊していたり、物に付着していたり、私たちのカラダに侵入しようと虎視眈々と好機を狙っています。
感染症にかかるかどうかは、襲い掛かる敵を“いかに撃退できるか”にかかっている場合が多くあります。
太刀打ちできないウイルスや自分の戦う力により撃退できるウイルスもいます。

戦いの原理はとても単純で、カラダの免疫力VS敵

強い方が勝ち、弱い方が負ける。勝敗はとても分かりやすく明解です。漢方ではこれを正気と邪気の戦いと呼んでいます。
あなたの免疫力は大丈夫ですか?今のうちからカラダを整え、しっかりと戦に備えておく必要があるかもしれません。



イメージ画像


2.免疫力をあげるには

感染症との戦いに勝つためにまず大切なのは、“カラダの防衛力”を強化しておくことです。
防衛力を強化して、敵を寄せつけないカラダにしておくことが、感染症予防の一番の近道です。

まず初めに行いたいのが、免疫力を鍛えることです。

疲れがたまっていたり、ストレスを抱えていたり、少しずつ無理をしていませんか?
自分が思っている以上にカラダが疲弊し、免疫力が低下していることもよくあります。
免疫力が弱い状態では、敵に攻め込む隙を与えてしまいます。疲れを感じたらしっかり休んで体調を整える。
ストレスを感じたら早めに解消する。
睡眠をたっぷりとり、規則正しい生活をして、バランスの良い食生活を送る。
単純なことですが、とても大切なことです。

また、漢方医学では胃腸の弱りは免疫力の低下に繋がると考えています。
もともと胃腸が弱い人はもちろんのこと、食欲がない、消化が悪い、胃がもたれる、下痢するなどのトラブルを感じたら、胃腸が疲れているサインです。
しっかり胃腸を休めることも大切です。
ウイルスや菌などの敵は、鼻やのどなどの粘膜に付着してカラダに侵入することが多く、これら粘膜を整えておくことも防衛力の強化につながり、感染症予防にとってとても重要です。
漢方医学では粘膜は潤いを好み、乾燥を嫌うと考えられています。粘膜の乾燥を感じたら、加湿をする、うがいする、水を飲むなどをして、早めにケアしましょう。


イメージ画像


3.漢方と免疫

実は免疫力の「底上げ」「調節」作用が、漢方には潜んでいるんです。

近年ブームになっている【薬膳】。薬膳鍋や薬膳料理などのレシピ・お店も増えてきました。
実はこの薬膳も漢方と深い関りがあります。
薬膳に使用している食材には漢方の生薬ともなるものが多く、それらを日常の食生活で取り入れやすくしたものが薬膳料理と呼ばれています。

また、昔から体を冷やさない。乾燥させない。腎臓を守ることは健康に繋がると言われており、薬膳は体を内側からあたため、乾燥から身を守り、腎臓を守ってくれます。

■体の冷え。乾燥。腎臓と免疫の関係

免疫が正常に保たれる体温は36.5°前後といわれており、冷えて体温が1°下がる事により免疫力も30%低下すると言われています。
そして風邪などの原因となるウイルスは気温が低く、乾燥する環境下で活性化します。こうしたウイルスへの感染を防ぐ人体に備わるバリア機能は体が乾燥する事により機能が低下することも分かっており、体を乾燥させない事が重要になってきます。
最後に腎臓は血液をろ過し、体の中に溜まった老廃物や水分、取り過ぎた塩分などを尿と一緒に体の外へ出してくれる働きをしてくれています。
この腎臓が弱り、体の中に老廃物が蓄積した状態になると、免疫機能が低下し、体を守る防御力の低下が起こります。

これから一段と寒くなる冬にむけて特に上記のような【体の冷え・乾燥・腎臓】のケアをしていく事が免疫をあげるうえでも大切といえます。

しかしながら、現代の忙しい女性には薬膳料理などを作る時間がなかったり、なかなか日々の食生活では取り入れるのが難しいと感じることも多いはず。
そんな時は同じ生薬でもある漢方と上手に付き合いながら免疫を上げていきたいですね。



【純植物性 バイオ冬虫夏草】
神美草 shin-bi-sou

レディッチ

おすすめのポイント

『北虫草』で有名な『ISO Green社』が製造・開発した確かな品質の『植物由来の冬虫夏草』サプリメント。楊貴妃が愛した冬虫夏草は全ての女性におすすめしたいアイテムです。

神美草 shin-bi-sou 1袋60粒入り>>

アクセス : 88

日本全国全額チャンス!超ペイペイジャンボ開催!

ページトップへ